「2022年までにビットコイン時価総額は1兆ドルに」仮想通貨の重鎮アダム・バックが予想

リップル
 「仮想通貨ビットコイン(BTC)の時価総額が2025年までに1兆ドル(約105兆円)に到達する」という予想は「保守的である」とビットコイン開発の重鎮アダム・バック氏が述べた。ビットコイン関連技術の開発を手がけるブロックストリーム社CEOのアダム・バック氏は、10月5日にビットコイン時価総額1兆ドルは2年以内に到達できると予想。投資会社Arkの仮想通貨アナリストであるヤシネ・エルマンドラ氏が9月に出した予想である「ビットコイン は2030年までに時価総額が1兆ドルから5兆ドルに到達する」に反論した。Arkは、2020年のテスラ株高騰などを事前に予想するなど、大胆な価格予想で知られている。バック氏は、Arkの予想は「保守的」であり「2年以内に1兆ドルになりそうだ」と発言。「時価総額1兆ドルになればビットコインの価格は約5万ドルだ」と付け加えた。現在のビットコインの時価総額は1980億ドル(約20兆円)。バック氏の予想通りになれば、2年以内にビットコインの時価総額は400%増加することになる。(出典:CoinMarketCap「」ビットコイン時価総額のチャート」)ちなみにビットコインの時価

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました