ビットコイン高騰、好材料相次ぐイーサリアムに連れ高

リップル
13日の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が高騰。8日に日足レベルの保ち合いを上抜けしたBTCは6日連続で続伸。BTCUSD(Coinbase)は前日比3%高、ETHUSD(Coinbase)は6%高と騰勢を強めた。(7時時点)BTC市場では、地合いの好転や相次ぐ上場企業による仮想通貨購入事例など、好材料も見られるが、13日の高騰はイーサリアム主導上げとなったことをチャートは示している。12日から13日にかけてイーサリアム関連では、①グレースケールのイーサリアム投資信託の登録と②イーサリアム2.0の「Zinken」テストネットの稼働とプラス要因が相次いだ。特に、仮想通貨ファンドを運営するグレースケールが提供するイーサリアム投信(ETHE)が証券取引委員会(SEC)に正式に登録されたニュースに市場が反応した。メイン:BTC、オレンジ:ETH(Coinbase)今回の事例の前に、第一号となったビットコイン投信「GBTC」がSECに登録されたのは今年の1月。米国で初めて登録される仮想通貨投資信託として、GBTCの取引量は飛躍的に増加した。現在では、ビットコインの現

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました