ポートフォリオでDeFi(分散型金融)を重視 大手仮想通貨ファンドが投資戦略を明かす

リップル
Pantera Capitalの投資戦略米国最古の暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンド大手Pantera Capitalが、DeFi(分散型金融)関連銘柄への投資を重視していることが分かった。DeFiセクターはただのバブルではなく、金融の未来であると主張。資産が流入し関連銘柄の価格を押し上げ、今後2年か3年で大きく成長するとの見解を示した。Pantera Capitalは6日にオンラインイベントを開催。同社の歴史やポートフォリオマネージャーの紹介から始め、運用するファンドについても説明を行った。ポートフォリオマネージャーは様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成されており、その中にはスマートコントラクトの開発に精通しているメンバーも含まれている。[youtube https://www.youtube.com/watch?v=tEXofjCwof0]同社が運用する「デジタルアセットファンド」は、ハイクオリティなデジタル資産で構成される多様化されたポートフォリオを投資家に提供することが目的だ。取引所に上場している銘柄や実際に金融領域にユースケースをもたらすトークンを投資対象にしている。出

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました