グーグルクラウドがEOSのブロックチェーンコミュニティに参加

リップル
 グーグルクラウド(Google Cloud)が、仮想通貨(暗号資産)EOSのブロックチェーンコミュニティに参加した。EOSブロックチェーンのノード(コンピューター)を担うブロックプロデューサー(BP)になることが目的とみられ、今後、EOSコミュニティの承認が必要となる。ブロックプロデューサーはビットコインのマイナーに相当する存在。EOSは過度な中央集権化が批判されることが多く、現在合計で21のブロックプロデューサーが存在する。EOSではこのブロックプロデューサーがブロック生成・承認を担当する。EOS開発企業ブロックワン(Block.one)のプレスリリースでは、グーグルクラウドの開発者であるアレン・デイ氏がブロック・プロデューサーになるプロセスを開始したことを確認したとしている。「組織が分散型台帳技術をインフラストラクチャーに組み込み始めるにあたり、我々はパブリック・ブロックチェーン上の情報が安全に保存され、確実に利用可能であり、意味のある方法でアクセスできることを保証することを約束する」同じ発表の中でブロックワンのブレンダン・ブルマーCEOは、パブリック・ブロックチェーンの活動の大

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました