ブロックチェーンゲーム 「日本はトップマーケットの1つ」、コインチェックと連携のザ・サンドボックス共同創業者

リップル
 日本の仮想通貨取引所コインチェックは、ノンファンジブルトークン(NFT)マーケットプレイスの立ち上げに向け、クリプトキティーズ(CryptoKitties)を手掛けるダッパーラボ(Dapper Labs)やEnjinなどとの連携を進めている。ノンファンジブルトークン(NFT)とは、非代替性トークンとも呼ばれ、ブロックチェーン上で記録された固有の価値や情報を持つものだ。ブロックチェーンゲーム内でのアイテムやキャラクター、もしくはクリプトキティーズのようなコレクタブルアイテムなどにNFTが使われている。コインチェックでは今年3月までにNFTのマーケットプレイスを立ち上げる計画だ。コインテレグラフジャパンでは、今年9月にコインチェックとの連携を発表したザ・サンドボックス(The Sandbox)共同創業者兼COOのセバスチャン・ボーゲット氏に、日本市場への期待感を聞いた。日本は「トップマーケット」サンドボックスは、サンドボックスはブロックチェーンを基盤としたゲームプラットフォームであり、メタバース(Metaverse)と呼ばれる仮想空間にボクセル制作エディターやゲーム開発などのサービスを提

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました