FTX運営の分散型仮想通貨取引所Serum、トークンバーン開始

リップル
Serumエコシステムニュース仮想通貨デリバティブ取引所FTXが運営するDEX(分散型取引所)のSerumでは、エコシステム内で大きなニュースが立て続けに発表されている。本記事では、そのうちのいくつかに焦点を当てて紹介する。SRMトークンのバーン異なるブロックチェーン同士での高速なトレードが特徴的なSerumでは、独自のユーティリティトークンであるSerumトークン(SRM)のバーン(焼却)が開始された。9月25日の最初のバーンで196,592SRMがバーンされて以降、毎週バーンが行われている。Serumでは、トレード毎にユーザーに対して手数料が課され、徴収された手数料は全てバーンされる。トークンをバーンすることで供給量が減り、相対的にトークンの価値が上昇し、SRM保有者に価値が還元される仕組みになっている。出典:SerumSRMとはSRMは、Serumで様々な用途で利用されているSPL(Solanaのトークン規格)だ。トークン発行の上限は100億に設定されている。全てのSRMのうち、現在流通しているのは10%のみで、残りの90%はローンチから1年間ロックされたままで、2021年8月よ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました