分散型金融も規制対象となるか? コインファームがDeFi向けマネロン防止ツール発表

リップル
 コインファーム(Coinfirm)の最高技術責任者であるヤクブ・フィジョレック氏によると、コインファームは最近、分散型金融(DeFi)向けの新しいマネーロンダリング防止ツールを発表した。「DeFiにはいくつかの規制上の問題が現れるかもしれない」と、フィジョレック氏はコインテレグラフとのインタビューの中で語った。「DeFiに流入する資金の量は大幅に増加している」とも付け加えた。2020年、仮想通貨(暗号資産)セクターの中でDeFiの存在感が増していった。今年2月、DeFiでロックされた総価値は10億ドルだったが、DeFiの急速な成長により、現時点では100億ドルにまで達している。DeFiが台頭してくる一方で、集中型取引所のいくつかでは問題が発生した。KuCoinは今年9月に大規模なハッキング攻撃に直面し、いくつかの暗号資産の動きを凍結させることになった。デリバティブ取引所のビットメックスも、米商品先物取引委員会(CFTC)や司法省から刑事告発を受け、共同創業者の1人が逮捕される事態に至っている。KuCoinのハッキングでは、不正流出した仮想通貨がDeFiを通じてフィルタリングされ、追跡

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました