塗り変わるビットコインデリバティブ市場の勢力図、トップに躍り出たバイナンスとBitMEXの凋落

リップル
仮想通貨リサーチ企業CryptoCompareによれば、9月度の暗号資産(仮想通貨)デリバティブ出来高において、バイナンスがHuobiとOKExを抜いてトップに躍り出たことがわかった。バイナンス、Huobi、OKExの3社だけで、月間出来高の約9割を占める。 地合い悪化で軒並み取引高が落ちる中、FTXの9月出来高は、前月比12%増の238.9億ドルに達した。デリバティブ出来高栄光と凋落一方、米当局に起訴されたBitMEXは衰退の一途をたどる。ビットコイン先物市場における未決済建玉(OI)は、10億ドル以上から6億ドル未満まで激減した。BitMEX OI推移2019年にかけて栄華を極めていたBitMEXの転機は、「Black Thursday(コロナ・ショック)」と呼ばれる3月12日に訪れた。米株市場など金融マーケット全体がパニック売りに傾き、BTC価格が前日比50%以上暴落した際、GeminiとBitMEXは、ボラティリティ急増に伴うシステムの負荷上昇により、取引サービスが一時停止するなど機能不全に陥った。過去最大級となる19万BTC(当時の時価1100億円相当)のロスカット発生するな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました