米国、中国とのブロックチェーン軍拡競争で遅れを取っている=リップル共同創設者のラーセン氏

リップル
 リップルの共同創設者兼会長であるクリス・ラーセン氏は、10月6日にLAブロックチェーンサミットの中で、「次世代のグローバル金融システム」を構築する競争において、米国が遅れを取っていると指摘している。ラーセン氏は、米国の規制に対する不満を表明し、リップルが米国以外の地域に移転することを検討していると発言していた。その候補地としてはシンガポールや英国、スイス、日本を挙げていた。ラーセン氏は、進行中の「中国との技術冷戦」で米国が「非常に遅れている」と主張している。中国政府は規制の明確さの提供、リソースの割り当て、インフラストラクチャの構築、ブロックチェーン以外にもビックデータやAIなどの新興技術のイノベーションの促進において、米国を上回っていると述べた。「中国は、これらのテクノロジーが次世代の金融システムを誰が管理するかについての鍵であると認識している。SWIFTとコルレス銀行は、今後20年間にわたって私たちが生きるシステムにはならないだろう」ラーセン氏は、米国でドルをデジタル化するイニシアティブを受け入れてない点を強調し、中国は中央銀行デジタル通貨(CBDC)で「はるかに進んでいる」と指

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました