仮想通貨ビットコイン、待望の買いシグナル点灯「条件整う」

リップル
 9日の仮想通貨(暗号資産)ビットコインは過去24時間で2%以上上昇し、11000ドルのレジスタンス付近で推移している。ビットコインの過去30日間のボラティリティが過去最低まで低下していると報じられるほど低水準が続いていたが、ついに中期の買いシグナルが点灯したことがわかった。(出典:Coin360 午前11時20分)ビットコインが一気に上昇したのは昨晩22時ごろにジャック・ドーシー氏が率いるスクエア社が4709BTC(約53億円)を購入したというニュースが入った直後のことだ。一気に300ドル以上上昇した。スクエア社のビットコイン購入は投資目的であり、同社の2020年第2四半期(4-6月期)終了時点の全資産の1%に相当するという。米モバイル決済企業のスクエアは、自社アプリの「キャッシュ」でビットコイン取引サービスを提供している。今回のビットコイン購入の理由としてスクエアは、ビットコインが「経済エンパワメントの道具であり世界の人々にグローバルな金融システムに参加する方法を提供する」とし、会社の目的にかなっていると説明した。同社はこれまで顧客へのサービス提供のためにビットコインを購入したこと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました