仮想通貨ウォレット企業Ledger 正式なセキュリティ監査に合格

リップル
 ハードウェアウォレットソリューションを多数提供している仮想通貨企業の Ledger がセキュリティ監査の1つである、SOC(System and Organization Controls)Type 1 テストに合格した。  コインテレグラフが提供を受けた声明によると、Ledger に対する SOC 2 Type 1 テストを実施したのはニューヨークを拠点とする会計事務所の Friedman LLP だった。「SOC 2 Type 1 報告書を取得したことで、当社は今後、検証済みセキュリティの追加レイヤーを顧客に提供できる。そして、Vault ソリューションが常に安全であること、可用性の確保を制度化することが保証される」大物投資家や企業向けの仮想通貨ストレージソリューション「Ledger Vault」は Ledger のカストディ業務部門として活動している。SOC 2 テストはある企業のセキュリティを監査という手段を用いて分析し、サービスベース企業が顧客情報を適切に取り扱っているかを検証する。RSI Security によるブログ投稿記事では次のように説明されている。「米国

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました