G7、フェイスブックの仮想通貨リブラに「適切な規制導入されるまで」反対表明

リップル
 日米欧の主要先進7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁会議は13日、フェイスブックが発行に向けて進めている仮想通貨(暗号資産)リブラについて、適切な規制が導入されるまでは計画に反対すると明らかにした。ロイター通信が報じた。草案には次のように書かれている。「G7は、適切な設計を行い、適用される基準を遵守することで、関連する法的、規制的、監督的要件に適切に対応するまでは、いかなるグローバルステーブルコインプロジェクトも運用を開始すべきではないとの見解を維持する」G7は、デジタル資産がアンチマネーロンダリング法や消費者保護ルール、その他の規制事項を、リブラなどグローバルステーブルコインプロジェクトが遵守できるかに懸念を表明。昨年10月に公表されたのG7報告書では、グローバルステーブルコインが世界の金融システムに脅威をもたらすと述べていた。今回のG7の草案では、新型コロナウイルスによるパンデミックが経済活動をよりデジタルに移行したことを受けて、ランサムウェア攻撃の脅威が増加していることにも懸念を表明した。「これらの攻撃は、仮想通貨での支払いを伴うものであり、我々の安全と繁栄に繋がる本質的な機能

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました