レジから硬貨はなぜ消えた──“ペニー”、“ダイム”が滞るアメリカの現金流通

暗号資産(仮想通貨)はまだ新しい試みだ。使っている人は問題が起きてもそれほど驚かない。例えば、イーサリアムクラシックは1カ月の間に3度も「51%攻撃」を受けたり、イーサリアムブロックチェーンでは取引手数料が急騰した。51%攻撃:単独もしくは複数のマイナーがネットワークのマイニング能力を示す計算能力、つまりハッシュレートの51%以上をコントロールし、不正な取引を行うことをいう。だがこうした不具合も、アメリカの硬貨システムが陥っているシステム的なエラーに比べれば大したものではない。現在アメリカでは、1セント硬貨(ペニー)、5セント硬貨(ニッケル)、10セント硬貨(ダイム)、25セント硬貨が足りなくなっている。6月中旬以降、例えば4.92ドル、9.79ドルの買い物に5ドル紙幣、10ドル紙幣を出した人は、お釣りの8セント、21セントを受け取ることができていない。レジには硬貨がないのだ。店には、買い物客にお釣りがいらないようぴったりの額を支払うか、カードの使用を求める張り紙が貼られている。食料品大手のクローガー(Kroger)は買い物客に対して、支払い額を四捨五入し、差額を同社の非営利慈善団体Z

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました