ビットコイン先物市場、スポット取引所よりも価格に影響=ウィルシャー・フェニックス

リップル
 米国の資産管理会社ウィルシャー・フェニックス(Wilshire Phoenix)が14日に発表したレポートによると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物商品はビットコイン価格に大きな影響を与えていると指摘している。ウィルシャー・フェニックスの調査結果は、「CMEの現金決済ビットコイン先物は、スポット市場よりも価格発見に貢献していることを示している」としている。「先物市場が優れているということは、取引所会場への信頼や待ち時間が少ないなどの多くの理由から、そのような市場で取引を行うトレーダーの強固な基盤が存在することを示唆していることだ」価格発見とは実際にビットコインが市場でどのような評価を受けているかを示すものだ。ウィルシャーの報告書は、現物受け渡しの仮想通貨取引所のビットコインよりも、CMEの商品がビットコイン価格に影響を与えていることが示された。CMEは2017年にビットコイン先物取引を開始した。これはCME独自のCFビットコイン参照レート(BRR)とビットコイン・リアルタイム・インデックス(RTI)に基づいている。CMEのビットコイン先物で週末に発生する価格差

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました