仮想通貨取引所ビッサム、DeFiプラットフォームのローンチを計画 | ポルカドットを活用

リップル
 韓国を拠点とする仮想通貨(暗号資産)取引所の国際的なスピンオフであるビッサムグローバル(Bithum Global)は、分散型金融(DeFi)を対象としたブロックチェーンプラットフォーム「Clover」をローンチすると発表した。このプラットフォームはポルカドット(DOT)のブロックチェーンをベースにしている。同社によれば、CloverはDeFiアプリケーションのオープンプラットフォームであり、クロスチェーン機能を活用し、分散型金融を集中型取引所に接続させる。Cloverは、ポルカドットのカスタムブロックチェーンフレームワークである「Substrate」上に構築されている。Substrateは独立したブロックチェーンであるが、ビッサムはCloverをポルカドットのシャードを説明するために使用される用語であるパラチェーンとして直接起動することを計画している。Cloverは、CLVと呼ばれるネイティブトークンを備えている。トークンは、ユーティリティトークンとガバナンストークンの両方を備えている。これは、ステーキングとコンセンサス、様々な市場での取引、プラットフォームの使用による配当の獲得、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました