RippleNetとオンデマンド流動性、最新マップで55ヶ国以上をカバー

リップル
RippleNetの最新稼働状況年次カンファレンス「Swell2020」に向けて、リップル社が主要プロダクト「RippleNet」と「ODL(XRPを利用するオンデマンド流動性)」の稼働可能地域を表す最新マップを更新した。出典:Ripple新マップによれば、現在55ヶ国以上の法定通貨に対応している。ODLはオーストラリア全土、西ヨーロッパ、スカンジナビア地域、全米およびメキシコなどでも利用可能になっており、RippleNetでは、ODLの対象地域以外、中国にある多くの地域、インドやアフリカにある国もカバーしている。今年8月の事業説明会では45カ国以上と紹介されたが、さらに増加したものと思われる。RippleNetとODL8月の事業説明会では、RippleNetとODLについて以下のように解説されている。RippleNetRippleNetは、送金側と受け取り側の銀行取引において、リアルタイムにシンクロする取引を実現するプロダクト。これまでは、送金ネットワークの相互運用性がないことが最大の問題であったが、この課題を解消するものとなる。Ripple資料オンデマンド流動性(ODL)送金の効率

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました