ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムの“問題”解決策を提唱【invest: ethereum economy】

イーサリアムの生みの親、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏がCoinDesk主催のオンラインカンファレンス「invest: ethereum economy」の基調講演に登壇。取引手数料が高騰するなか、イーサリアムブロックチェーンの演算能力への負荷をチェーン外に移し、取引データはチェーン上に保つ「ロールアップ」など、いわゆるレイヤー2スケーリングソリューション(拡張性の問題を解決する手段)への移行をユーザーに訴えた。イーサリアムブロックチェーンのベースレイヤーを「シャーディング」と呼ばれる技術(承認作業を並行して行う技術)を使ってスケーリングさせるにはまだ数年かかることを考えると、ユーザーがロールアップを利用することは必要不可欠とブテリン氏は述べた。「取引所、ウォレット事業者、マイニングプール、大口ユーザー、あるいは普通のユーザーであっても、この講演を聞いているなら、ロールアップとは何か、その機能、そしてなによりもロールアップに移行するための自分の戦略を理解するべきだ」取引能力は毎秒15件から最大4000件にイーサリアムブロックチェーン上で運営されるDeFi(分

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました