「DeFi投資をシンプルに」新プラットフォームVesper発表

リップル
複雑なDeFi投資を自動化ブロックチェーン企業Bloqが、DeFi(分散型金融)への投資をシンプルにするプラットフォーム「Vesper」を発表した。DeFiは市場規模拡大で注目されている領域だが、比較的新たなプロトコルが多くプロジェクトの数も膨大で参加障壁も高かった。Bloqによると、VesperはDeFi投資をより簡単にするプラットフォームとなる。Vesperでユーザーは、最初にイーサリアム(ETH)、Wrapped Bitcoin(WBTC)、また米ドル連動のUSDCoin(USDC)の「保有プール」に資金を投入する。すると、その資金は自動的に他のDeFiプロトコルに送られ、投資で得た利子に加えて、Vesperガバナンストークン(VSPR)を手にすることができる仕組み。投資信託と類似したシステムとされる。ユーザーは資金をプールする際、希望する戦略やリスク許容度を設定することが可能。ETHを預金すれば、ETHの利息を獲得し、 WBTCを預けた場合は、WBTCの利息を獲得することになる。暗号資産(仮想通貨)を貸し付けることで利息を得る、従来のイールドファーミングと比較して、参加手続きの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました