仮想通貨取引所OKEx:創設者が警察から事情聴取との報道も、CEO「サービスの迅速な再開に全力」

リップル
 現地の報道によると、グローバルで大手仮想通貨(暗号資産)取引所OKExの創設者が、OKExで仮想通貨の出金を一時停止する前に当局から聴取を受けている。OKExの創設者であるミンシン・シュー氏(スター・シュー氏としても知られている)が、警察から事情聴取を受けたと、中国メディアの財新(Caixin)が報じた。報道によると、シュー氏は「少なくとも1週間前」に警察に連行され、その後、シュー氏は欠勤しているという。警察のシュー氏に対する捜査についてOKExにコメントを求めたが、OKExはコインテレグラフに、同社はもはやシュー氏が上級管理職であるOKグループと提携しておらず、したがって彼の活動についてコメントする立場にはないと語った。このシュー氏に関するニュースは、OKExが仮想通貨の出金の一時停止を発表した直後に伝えられた。OKExの発表によると、同取引所の秘密鍵保有者は公安当局の捜査に協力しているという。OKExはコインテレグラフは次のように語っている。「進行中の捜査の性質を開示することはできないが、すべてのOKExユーザーに、資金が安全であり、OKExのほかのすべての機能が影響を受けていな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました