リップル社が仮想通貨とCBDCに関するレポート発表、ステーブルコインへの関心が急上昇

リップル
 リップル社は15日、ブロックチェーンの決済領域に関するレポートの2020年版を公開した。前回調査と比較して、仮想通貨やブロックチェーン、ステーブルコイン、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して肯定的な感情が見られたという。リップルや世界22カ国854人の金融関係の経営者を対象に調査を実施。このうちの34%が決済関連のユースケースでブロックチェーンをすで導入していると回答。また24%が導入を検討しているとし、21%がパイロットブロジェクトや概念実証を行なっているという。仮想通貨別の関心を聞いたところ、回答者のうち47%がビットコインに興味があると答え、イーサリアムは25%、XRPが19%となった。ただ、これは仮想通貨市場が過去最高値を記録した直後に行われた2018年の調査時と比べると、いずれの銘柄も関心度合いは低下している。2018年時点ではビットコインは71%、イーサリアムは45%、XRPは24%といずれも今回の調査よりも高い数値を示していた。一方で、関心が高まっているのが中央銀行デジタル通貨(CBDC)やステーブルコインだ。2018年時点での関心はいずれも1%ほどだったが、今年は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました