ノンファンジブルトークン(NFT)の取引高が急増、平均購入価格も7倍に上昇

リップル
 ノンファンジブルトークン(NFT)やデジタルコレクティブは、ピアツーピア(P2P)のマーケットプレイスでの取引高急増し、過去2ヶ月間で積極的に取引されている。仮想通貨(暗号資産)調査会社メサーリによると、NBAファイナスの瞬間を表すNFTから仮想通貨業界のキャラクターカードまで、イーサリアムブロックチェーンだけでもこれまでのNFT取引高は計1億2000万ドルを超えている。メサーリの調査では、第3四半期にデジタルアート、デジタルコレクティブス(収集品)、ゲーム内アイテムを含むNFTの需要を追跡した。ピアツーピアのNFTマーケットプレイスであるオープンシーを使ったユーザーの累積数は2万5000を超え、プラットフォームの9月の総取引高は過去最高の200万ドルに達した。市場で最も人気のあるアイテムには、Uniswapのヘイデン・アダムス氏やイーサリアム共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏といった、仮想通貨業界での著名人をフィーチャーしたカードといったものも含まれている。NFTの平均購入価格も第3四半期には大幅に上昇しており、平均161ドルに達した。これは2017年にクリプトキティーズの初期の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました