仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのこれから──幹部が語る今後の計画

BitMEXの今後暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXの幹部は、米規制当局に告発された後でも、今後の運営について前向きな姿勢でいることが分かった。仮想通貨メディアTheBlockに対し、コンプライアンスに対する取り組みを含め、BitMEXの今後について語っている。BitMEXは今週、本人認証手続き(ID認証プログラム)を強化するため、本人確認(KYC)を行う期限を大幅に早めるなどの措置を講じたが、取引所の運営は継続する方針を改めて示した。新しい規定では、日本時間11月5日の9時までに本人認証確認を完了しなければ、新たなポジション(建玉)をとることもできなくなるほか、12月4日の9時までに手続きを完了しないユーザーは、BitMEXからの出金も制限されるなど、KYCレベルの引き上げは行う。しかし、BitMEXの最高商務責任者とコンプライアンス部門のトップは、「KYCにおいて当社は他の企業の先を行っている」と主張した。すでにユーザーの50%がKYCを行っているとのデータを示した格好である。コンプライアンスの担当は今月12日にBitMEXに入社した新任の責任者。以前は香港の仮想通

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました