足元で下落する仮想通貨ビットコイン、強気派は依然として2万ドルに照準 | 強気を維持する3つの理由とは?

リップル
 ビットコイン(BTC)価格は、過去35日間で36%上昇し、力強い上昇となっている。機関投資家の需要の高まりと、インフレのヘッジ手段としてビットコインが認識されたことにより、市場心理は楽観的である。しかし、力強い上昇トレンドの後、BTC価格が後退する可能性があるという考えが広まり始めている。10月28日にBTC価格が4%下落して、13,000ドルを一時下回った。ただマイナーな調整が発生する可能性はあるが、大幅な下落は起こりそうにはないようだ。ビットコインは2019年7月の上昇時に記録した13,860ドルに達したが、そのようなレジスタンスにぶつかった後は、一般的にマイナーな反落が生じると予想される。13,000ドルを割った後、BTCはすぐに13,150ドルまで値を戻し、その回復力を示している。過去11年間で、ビットコイン価格は周期的に変動してきた。とりわけ最も顕著なサイクルの1つが、ブロック報酬の半減期だ。ビットコインでは、4年ごとにブロックチェーンでマイニングされるBTCの量が半分に削減されている。この半減期により、新しいBTCが生成されるペースが遅くなり、その供給量が時間の経過ととも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました