中央銀行デジタル通貨、ビットコインを脅かす可能性がある=仮想通貨取引所バイナンスCEO

リップル
 仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、十分に設計された中央銀行デジタル通貨(CBDC)がビットコインへの脅威になる可能性があると考えている。フォーチュンのシニアライター、ジェフ・ロバーツ氏とのビデオインタビューで、CZは中国人民銀行のデジタル人民元のイニシアティブが仮想通貨業界にどのような影響があるのかについて質問された。CZは、ブロックチェーンやデジタル通貨は、デジタル資産を正当化し、認識を広げることにつながり、業界全体にとって有益であると回答した。CZは現在、主要国間でデジタル通貨立ち上げを巡る競争があるが、ほとんどのCBDCは最初はより制限的である可能性が高いが、時間とともに進化するだろうと付け加えた。ビットコインへの脅威について質問されたとき、CZはビットコインと同じ自由を持つCBDCはほとんどなく、高度に集中化され、コントロールされていると語った。しかし、長期的には一定の懸念があるとも述べている。「もし、さらにオープンで、より自由で、ビットコインよりも制限が少なく、より速く、より安価に使用できる別の仮想通貨を推進している政府がある場合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました