リスク回避局面でもビットコイン堅調、強気相場に複数の買いシグナル

リップル
仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)30日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+2.15%の141.3万円(13,550ドル)に。TradingViewのBTCUSDチャート金融市場のリスクオフ局面で調整局面入りも予想されたが、早くも13,500ドル台を回復するなど、現時点では堅調に推移している。過去24時間の推移では、欧米圏での新型コロナウイルス感染拡大や米大統領選前のリスク回避姿勢が強まり、軟調に推移する米国の3つの主要株価指数と金(ゴールド)価格の騰落率を大幅に上回っている。ビットコインは、9月29日の安値10,678ドルから10月29日にかけて13,480ドルまで上昇。前月比26.42%高となったが、デジタル・ゴールドとして比較されやすい金相場はその間、1オンス=1,896ドルから1,866ドルまで、米ドルに対して1.58%下落した。NYダウ市場は、27,560ドルから26,480ドルまで約1,000ドル下落。直近高値の28,760ドルからは資金抜けが目立つ。直近のBTC急落はハイペースな急騰相場の”アク抜け”となった一方、足元の懸念材料として、依

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました