JPモルガンが「長期的な上昇の可能性」を指摘 仮想通貨ビットコインに強気に

リップル
 投資銀行大手のJPモルガンは、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)の長期的な上昇について「注目に値する」と述べた。決済大手のペイパルの参入によって、ビットコインに関して楽観的な姿勢を強めたようだ。JPモルガンのグローバル市場戦略部門が考える重要な要因は、金とビットコインの競争関係だ。ビジネスインサイダーが入手したメモには次のように書かれている。「ミレニアルズが時間の経過とともに投資家の世界のより重要な構成要素となることを考えると、我々が信じる『代替』通貨の金とより激しく競合すれば、ビットコインの潜在的で長期的な上昇は相当なものになるだろう。」アナリストはまた、ビットコインと金の間で評価額に大きなギャップも指摘している。少なくとも2.6兆ドルが金のETF(上場投資信託)や金地金などに蓄えられているとされている。これに対し、ビットコインの時価総額は2400億ドルにとどまっている。JPモルガンが考える三つの上昇要因JPモルガンはビットコインの長期的に成長する三つの要因を強調している。一つ目はビットコインは民間企業の金投資に合わせて10倍に上昇する必要があること、二つ目は仮想通貨が高い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました