分散型金融(DeFi)が中央集権型取引所より優れている点とは?

リップル
分散型金融(DeFi)の注目が高まっています。DeFiが、従来の暗号資産市場でも最も活用されていた取引手段である中央集権型取引所(CeFi)を駆逐するのではないかという意見もあります。今回はいくつかの観点で、DeFiが中央集権型取引所と比べて構造的に有利な点を改めて網羅しましょう。CeFiと比較した際のDeFiの優位性は主に5つのポイントに整理できます。DeFiに優位性がある5つのポイントコンポーザビリティDeFiにはマネーレゴと呼ばれる特性があります。他者が開発した既存のプロトコルや流動性プールを組み合わせて新たなサービスを提供できる、あるいは新たなサービスの一部として活用できるという特徴です。また、最近では既存プロトコルだけでなく他のアプリケーションもプロトコルのように扱い、さまざまなプロダクトが繋がることが当たり前になりつつあります。例えば1inch Exchangeは裏側でユニスワップ(Uniswap)と流動性を接続しながら、1inch Exchange自身での流動性プールも持っています。つまりは、ある開発者がさまざまなプロトコルの組み合わせによって製品を開発してリリースしたと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました