マネロン防止に関する米監視機関、250ドル以上の全ての国際仮想通貨決済に関する情報開示求める

リップル
 金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)と連邦準備制度理事会(FRB)は、これまでよりもはるかに額の低い金融決済に関しても情報を集めようとしている。金曜日に公開されたルール作りの提案書によると、FinCENとFRBは、1995年に成立したいわゆるトラベルルールの更新を提案する方針だ。トラベルルールとは、米国外発または着の3000ドル以上の国際決済に関しては金融機関が顧客の情報を交換しなければならないと定めた規定で、新たな提案では、この3000ドルの基準が250ドルまで引き下げられる。つまり、かなり少額でも人から人へ金銭が移動する場合このルールが適用されることになる。変更案は、具体的に「両替可能な仮想通貨」を挙げて、このルールの目的に関しては「money」のカテゴリーに当てはまると指摘している。トラベルルールの下、金融機関が交換しなければならない情報は以下の通り:「(a)支払者または送金者の氏名と住所(b)送金金額または送金依頼金額(c)送金日または送金依頼日(d)支払者または送金者による送金または送金依頼に伴う送金指示内容(e)受取人の銀行または金融機関の情報」そうなれば、仮想通貨取

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました