DeFiプロトコルのハーベスト・ファイナンスでハッキング 分散型金融で今年最大規模の2400万ドル

リップル
 分散型金融(DeFi)のイールドファーミングプロトコルであるハーベスト・ファイナンス(Harvest Finance)で26日、総額2400万ドル(約25億円)がハッキングされたことがわかった。最近では同じく分散型金融のヤーン・ファイナンス創設者アンドレ・クロニエ氏が開発したエミネンス(EMN)で1500万ドルがハッキングされたほか、今年4月にもdForceで25億円規模のハッキングがあり、分散型金融としてはdForce同様に大規模なハッキング事件となりそうだ。エミネンスでもハッキング後に約半分の800万ドルを戻すという奇妙な行動が話題になったが、今回も250万ドル(約2億6200万円)が戻されている。ハッカーは過去1時間以内にrenBTCとイーサリアムのコード難読化ソフトウェアであるトルネード・キャッシュを介して、約2000万ドルほどのイーサをすべてキャッシュアウトしたとされている。今回のハッキングを受けてハーベストファイナンスのツイッター公式アカウントはすぐに、次のように声明を発表した。「我々はステーブルコインとBTCプールへの経済攻撃を緩和することに取り組んでいる、追加の詳細が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました