Circle社(USDC)はなぜソラナを4番目のパートナーとして選択したのか?

リップル
Solana(ソラナ)エコシステムにCircle社が発行するステーブルコインUSDCが新たに追加されることが発表されました。ソラナとしてはテザー社のUSDTに続く2番目の法定通貨担保型ステーブルコインの採用となります。またUSDCとしてもイーサリアム、Algoland(アルゴランド)、Stellar(ステラ)に続く4番目の採用です。以前の記事「ソラナ(Solana)ブロックチェーンに統合されたテザー(USDT)、及びその影響力」でも取り上げたUSDTの時価総額(10月時点でおよそ170億ドル)と比較するとUSDCの時価総額は10月時点でおよそ1.3億ドルと10倍以上の開きがあり、一見するとUSDTに見劣りするように思えますが、DeFi(分散型金融)領域に限定するならばUSDCの存在感はUSDTのそれを上回るものがあります。現在でこそUSDTを採用するイーサリアム上の分散型金融アプリケーションは存在しますが、ほんの一年前はUSDCは採用してもUSDTは採用しないというケースは珍しくありませんでした。現在でも発行体を信用しなければならない法定通貨担保型のステーブルコインはUSDCのみ取り扱

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました