「仮想通貨ファンドは21年に延期」SBIHD決算、仮想通貨取引所事業の税引き前利益は前年同期比44.4%増 

リップル
SBIが決算発表SBIホールディングスは28日、2020年4~9月期決算を発表した。グループの収益(売上高)は、前年同期比で18.7%増の2281億6500万円、四半期利益は18.7%増の331億400万円となった。グループ全体の増収に貢献したのは金融サービス事業で、収益は27.9%増の1440億8200万円だった。当セグメントの税引き前利益は、同53.9%増の403億1900万円となっている。仮想通貨(暗号資産)取引所事業の上半期の税引前利益は、前年同期比44.4%増の47億1200万円となった。SBI決算資料新型コロナの影響で株式市場も大きく変動しており、個人投資家の売買の動きが活発化、手数料収入の増加につながることが、増収の背景として考えられる。特に新型コロナの影響で、従来型の対面営業による金融商品の販売については厳しい状況が続く中、SBIの提供するオンライン金融サービスの強みが目立った形だ。前日に決算発表したマネックスグループのクリプトアセット事業では、コロナ禍に伴う金融緩和を背景とする暗号資産市場活性化と、アルトコインの取引高増加により、セグメント利益は7億円(前四半期比7倍

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました