分散型金融ヤーンファイナンス創業者による新トークン、ローンチ数時間で2000%の急騰

リップル
 分散型金融(DeFi)のヤーン・フィナンス(Yearn Finance)の創業者であるアンドレ・クロニエ氏によって新たにローンチされたトークンは、DeFiギャンブラーたちの注目を集め、ローンチからわずか数時間で急騰することになった。新しいトークンは「KP3R」と呼ばれるもので、クロニエ氏が立ち上げたプロジェクト「Keep3r Network」のものだ。このプロジェクトは技術的な仕事をのためのスマートコントラクトを利用した分散型のギグスタイルのマーケットプレイスだ。Uniswap.infoによると、トークンのローンチから数時間以内に、トレーダーらが殺到して価格を急騰させた。KP3Rトークンの価格は180ドルまで一時上昇した。Uniswapの取引では、トークンは10ドルから取引が始まったが、すぐに勢いがマシ、数時間で約2000%の急騰を見せた。Coingeckoによると、新しいトークンの時価総額はすでに3500万ドルにまで達している。記事執筆時点で、KP3Rトークンは175ドルで取引されている。これは記録的な数字ではあるが、今年のDeFiブームの中で何度も発生したように、投機的な賭けであ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました