次世代イーサリアムで報酬を得る「ステーキング」手順を解説

リップル
2.0デポジットの方法イーサリアム財団は20年11月5日、次世代イーサリアムにおける「フェーズ0」に関連するデポジットコントラクトの実装を発表した。デポジットコントラクトは、フェーズ0におけるビーコンチェーンでのETHステーキング契約機能であり、すでにステーキングを行うことが可能。5日昼時点で14,597ETHほどのイーサリアムが早くもデポジットされた。ETH Launchpad注意点として、デポジットコントラクトに預けたETHによる「ステーキング報酬」は、ネットワークの拡張にあたるフェーズ1.5の「シャードチェーン」実装まで、システム上引き出すことができない。ETH2.0のロードマップでは、フェーズ1.5は2021年に実装予定だ。フェーズ0:2020年(バリデータを管理する「ビーコンチェーン/Beacon Chain」実装)フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン/Shard Chain」実装)フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)本記事は、ビーコンチェーンのステーキングにあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました