ECBのラガルド総裁、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するパブリックコメント求める

リップル
 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、1日にツイッターで、ユーロ圏での中央銀行デジタル通貨の可能性についてパブリックコメントを募集した。「我々はまだレビューと検討の段階にある。しかし、消費者やヨーロッパの人々が実際に自分の考えを表現するため、中央銀行のお金であり、利用可能で信頼しているユーロ硬貨やユーロ紙幣を使うことと同様に、デジタルユーロを使うことが幸せかどうかを知るため、パブリックコンサルテーションを開始したところだ」ラガルド総裁は、1日に「ECB総裁に就任してからすでに1年が経つが、欧州や世界にとって「困難な年」とあったとする連続ツイートを投稿。CBDCの可能性に関するコメントは、この流れの中で投稿された。連続ツイートの中には新型コロナウイルスの影響と、ECBがどのように対応したか、ECBが気候変動に対処するためにどのような行動を起こしたか、仮想通貨が欧州の人々の現代的なライフスタイルにどう適応されるかが語られた。ラガルド総裁は「ヨーロッパの人々が支出や貯蓄、投資の方法をデジタル化する傾向が強まっているため、必要に応じて、デジタル・ユーロを発行する準備をしておくべきだ」と強調

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました