「債券王」ガンドラック氏、仮想通貨ビットコインをインフレヘッジ資産として評価

リップル
 「債券王」として知られるダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、仮想通貨ビットコイン(BTC)についてインフレ耐性のある資産と称賛した。ガンドラック氏は、以前はビットコイン懐疑派だった。先月のビジネスインサイダーとのインタビューで同氏はビットコインは「嘘」と発言。「ハッキングされない」ということに関して信用しないとし、投資もしないだろうと述べていた。「私はビットコインを信じていない。嘘だと思っている。それに追跡がかなり容易にできるとみている。匿名性はないと思う」しかし11月2日にローゼンバーグ・リサーチのウェビナーに登場したガンドラック氏は、ビットコインを称賛。今後のインフレに対するヘッジ手段として何かを持つべきだと主張し、金(ゴールド)とビットコインが良い候補になる。(出典:Skew「ビットコインと金(1年間)」)以前も「ビットコインが嫌いなわけではない」としてはいたが、1カ月でビットコインにかなり好意的なスタンスに変化した。一方、ガンドラック氏は、金は今後もさらに上昇すると予想。米大統領戦後の不透明感が追い風になるとみている。年初来のリターン11月3日時点でビット

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました