ペイパルとの統合迫る中、パクソスCEOは金などトークン化された資産の将来を楽観視

マネーニュース
このほど開催されたロンドン地金市場協会(LBMA)で、デジタル資産信託会社パクソスのチャールズ・カスカリラCEOは、パクソスの金担保型ERC-20トークンであるPAXGの成長と、より一般的な資産のトークン化の将来について議論した。
Source: cointelegraph

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました