大型材料控えるイーサリアム急騰、リスク選好でビットコインも一段高

リップル
ビットコイン市況5日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+2.07%の148万円(14220ドル)に。14,000ドルを再び回復した。TradingViewのBTCUSDチャートTheBlockによれば、CMEのBTC先物では、オーバーナイト取引が史上最高値を記録。年平均を75%上回る33,500BTC相当に達した。大規模なOI(未決済建玉)を有する機関投資家数は、前月比20%増の102まで増加している。出典:TheBlock大統領選と株式市場4日の米NYダウ平均が、前日比367.63ドル高の2万7847.66ドルと続伸。5日の日経平均株価、約9カ月半ぶりに2万4000円台を回復するなどリスク選好が強まったこともプラスに。トランプ大統領の所属する保守派の共和党が上院の過半数を維持するとの観測が広がったことで、バイデン大統領候補の政策方針で懸念されていた、増税や規制強化への懸念が後退したことも追い風となった。一方、米大統領選の接戦を受け、終局がもつれ込んでいる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で急増した「郵便投票」の集計に時間がかかっていることが理由の一つだ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました