ビットコインキャッシュのハードフォーク、国内仮想通貨取引所の対応

リップル
 11月15日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが控えている。今回のBCHのアップデートを巡ってはコミュニティ内で対立が発生しており、アップデート反対派との間でチェーンが分岐する可能性が浮上している。そのため、国内の各仮想通貨取引所では、このハードフォークおよびチェーン分岐に備えた対応を発表している。取引所の多くでは、入出金や取引を停止する措置を取る予定だ。以下では、国内の取引所の対応をまとめている。bitFlyer11月13日午後6時からビットコインキャッシュの預入/送付を停止、販売所での売買やLightningでの取引も停止Coincheck13日午後12時からビットコインキャッシュの「購入」「売却」「送金」「受取」を一時停止12日7時から大口OTC取引サービスでのBCHの「購入」「売却」の一時停止Coincheckつみたてにおける積立を2020年11月15日の買付を以って一時停止bitbank11月13日17時から入出金停止、新規注文受付の停止Zaif11月13日14時頃 入出金停止DMMビットコインレバレッジ取引は「アップグレード予定日時の前後において、継続して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました