セキュリティ・トークンの取引高、2ヶ月連続で40%超減少

リップル
 2020年第3四半期に起きた、セキュリティ・トークンの強気の勢いが沈静化している。現在2ヶ月連続で40%以上も取引高が下落している。8月に2200万ドルを記録して以来、月間のセキュリティ・トークンの取引高は9月には915万ドルに減少し、10月には527万ドルまで下落した。セキュリティ・トークンの取引の98%が米eコマース大手のオーバーストック子会社tZEROのシステムで行われている。オーバーストック株主に「デジタル配当」を発行して、取引高を増やすという同社の計画は勢いを失っているようだ。オーバーストックのセキュリティ・トークンであるOSTKOトークンは、セキュリティ・トークン全体の時価総額の50%を占めているが、10月にその価値の18%を失い、毎月の取引高は20%減少して約300万ドルとなった。OSTKOの時価総額は2億5200万ドルで、コインマーケットキャップによると、仮想通貨全体で53番目の時価総額となっている。奇妙なことに、OSTKOトークンは10月に70ドルで取引を開始し、OSTK株より20%近く低い価格で取引された。しかし、OSTKOは10月末に57ドルで取引を終えており、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました