サッカー選手の移籍金をトークン化、ブラジルの仮想通貨取引所が現地有名チームと計画

リップル
 する計画を発表した。FIFAの連帯メカニズムは、FIFAの移籍規約の一部であり、クラブチームが優秀なプレイヤーを育成することを促すために設けられた仕組みだ。このメカニズムにより、優秀なプレイヤーが国際移籍するという場合、12~23歳までの間に育成したクラブが、移籍金の最大5%を請求することができる。今回、ヴァスコ・ダ・ガマとメルカド・ビットコインは、この連帯メカニズムで受け取る連帯貢献金の権利をトークン化する。トークンの所有者は、選手を育成したクラブが受け取る貢献金の一定割合を受け取る権利がある。メルカド・ビットコインによれば、計50万のトークンを5000万レアル(約9.3億円)で販売する計画だという。各トークンは、ヴァスコ・ダ・ガマのユースチームに所属していた12人の選手の連帯貢献金の権利の一部に対応している。その中にはフィリペ・コウチーニョやドウグラス・ルイス、アレックス・テイシェイラ・サントスといった、欧州やアジアで活躍するスター選手も含まれている。「私たちは素晴らしい選手を育ててきた伝統あるクラブだ。多くの重要なブラジル人選手がサンジャヌアリオ(ヴァスコ・ダ・ガマのホームスタ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました