ノルウェーの現金利用はわずか4%、CBDCの評価を行う中央銀行幹部が発言

リップル
 ノルウェー中央銀行のアイダ・ウォルデン・バーチェ副総裁が6日、イベントでの演説で現金決済の減少に言及すると共に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)について詳しく説明した。「決済に現金が使われているのは全体のたった4%だ」と、ファイナンスノルウェーのペイメントカンファレンスでの演説中にバーチェ氏は述べた。「この割合は春からほとんど変わっておらず、パンデミック前よりも大幅に少ない」と、彼女は付け加えた。「私たちの知る限り、ノルウェーにおける現金決済の割合は他のどの国よりも少ない」。ノルウェーは同国の中央銀行であるノルウェー銀行が発行する通貨「クローネ」を使用している。3月に新型コロナウィルスの懸念が高まると、密な接触が発生する場所やモノが心配の種となった。その中には、常に持ち主が変わる物理的な現金も含まれていた。CBDCは2020年の注目の話題としても浮上してきた。世界中の多くの国がそのようなデジタル通貨を生み出そうと検討を始め、先行する中国は自国のデジタル通貨の試験を行っている。「ノルウェーや近隣のいくつかの国に特有の傾向は、現金の利用割合が低く、その水準が減少を続けていることだ」と、バ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました