デジタルユーロの発行、2021年1月には判断=ECBのラガルド総裁

リップル
 欧州中央銀行(ECB)総裁のクリスティーヌ・ラガルド総裁は12日、オンラインで開催されたECB中央銀行フォーラムで、ECBは2021年1月には中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタルユーロを発行すべきかどうかを決定できると述べた。ラガルド氏はCBDCのリリースについて「先を争っている」わけではないとしながらも、2021年1月には協議の結果を示すことができると述べた。「その時点で、デジタルユーロを進めるかどうかの決定を下すことになるだろう」と話し、「私の直感では、しかしこれは共同の結果として提示され雨べきだが、我々はその報告に進むことになるだろうと考える。」と肯定的な姿勢を示した。ラガルド氏は、CBDCに関する最終決定を下す時が来たとしても、ECBには懸念事項が残っていると述べた。特に、ECBはユーザーのプライバシーに加えて、マネーロンダリング対策やテロ資金供与への対策を検討するとした。ラガルド氏は、中央銀行がすぐに発行ができない理由として、Facebookのリブラと中国デジタル人民元の試験を挙げ、ECBが進める場合のタイムラインの大まかな見積もりを示した。「開始される前に、おそ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました