モルガンクリーク、米SECにビットコインファンドを申請

ビットコンファンドを申請米国証券取引委員会(SEC)に、新たに暗号資産(仮想通貨)ビットコインファンドの申請が行われたことが分かった。SECのデータによると、申請側は「MorganCreek-ExosRiskManagedBitcoinFund」となっている。住所の項目と関係者の欄から大手投資企業「MorganCreekCaplitalManagement」と「MorganCreekExosGP」という企業が共同で提供するとみられる。SECの情報ではファンドの内容については明らかにされていないが、今回のフ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました