ビットコイン、大口投資家でも「取り残される恐怖」が発生か

リップル
 るため、これはポジティブな傾向だという。BTCの上昇サイクルをより強力にするFOMOWhalemapのアナリストは、大口投資家によるビットコイン需要の最近の急増は、クジラによる「FOMO」であると述べている。FOMOとは、取り残されることの恐怖(Fear Of Missing Out)の略であり、ある資産が急騰している時に投資家が取り残されることを恐れて、購入する傾向を指す。Whalemapは、クジラクラスターが発生しているチャートを示し、機関によるFOMOが発生しているようにみえると述べている。 出典: Whalemapクジラのアドレス(1万BTCを超えるアドレス)がビットコインを購入し、長期間にわたって動かさない場合、クジラクラスターが出現する。これは、クジラが最近購入したBTCを自身のウォレットに入れておく計画であることを示している。クジラによるビットコインの積極的な蓄積は、10月以降の仮想通貨市場に存在する2つの主要なトレンドに基づいて発生した可能性がある。第1に最近の上昇ラリーを通じて、ショート契約の清算が大幅に減少した。以前の序章ラリーでは、BTCがブレイクアウ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました