分散型取引所(DEX)のシェアは2020年内で大きく変化、今後はどうなる?

リップル
2020年はDeFi(分散型金融)が大きく盛り上がった年となりました。2020年9月のイーサリアム(Etrhereum)最大の分散型取引所(DEX)であるユニスワップ(Uniswap)の取引高は米国最大の取引所コインベース(Coinbase)を超えて、中央集権型取引の取引高に対する分散型取引所の取引高の比率は13%を超えました。2020年6月頃から急成長をしています。また、分散型取引所同士の競争も激化しており、シェアが大きく変わっています。競争が激化する分散型取引所2020年3月から10月までをキャプチャすると、Uniswapのシェアが15%から66%に急進、20%あった0xやdYdXはそれぞれ7%・0.5%に減退しています。また、カイバー(Kyber)は15%から1%になっています。カイバーネットワーク(KyberNetowk)は2018年から存在していた分散型取引所のプロトコルですが、流動性マイニングを行う新興プロジェクトに押されていることが分かります。一方、その新興のプロトコル側でも競争は激しいです。カーブ(Curve)は6月に40%まで伸ばすも11%に減退しています。また9月ロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました