仮想通貨テゾス、DeFiへのアピールとしてスマートコントラクトの手数料を75%カット

リップル
 時価総額で上位20に入る暗号資産のテゾス(XTZ)が、最新のアップグレード「Delphi」を成功裏に完了した。今回のアップグレードの目的は、スマートコントラクトのガス手数料を75%下げることで分散型金融(DeFi)の開発者を引き付け、テゾスのブロックチェーン上で作業してもらうことにある。Delphiが提案されたのは9月3日。これはNomadic Labs、Metastatic、Gabriel Algourの共同プロジェクトで、「テゾスにおける個人のスマートコントラクト開発を支援する」ことが目的だ。Delphi開発者が共同で投稿した内容によると、今回のアップグレードは「DeFiやコレクティブル、ゲーミングなどの領域を対象とした、テゾスにおける新たなアプリケーションを可能とする上で欠かせない」ものだという。「スマートコントラクトの規模や複雑性はガスリミットによって制限を受けるため、機能が豊富なコントラクトを構築しようとする人々にとっては、これらの制限の改善がここしばらく必要となっていた」テゾスは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を使って、スマートコントラクトや分散型アプリケーションを促

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました