中華系大手仮想通貨取引所Huobi、国内大手bitFlyerと韓国大手のBithumb買収検討か

HuobiがbitFlyerとBithumbの買収検討中国メディアChainNews「吴说区块链」は17日、中華系大手仮想通貨取引所Huobiが、国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerと韓国大手取引所Bithumbの買収を検討していると報じた。報道は、中国の暗号資産インフルエンサーColin Wu(@WuBlockchain)氏の証言を引用したもので、bitFlyerの買収額は500億円以上が提示されたとされる。中国大手のHuobiグループは、2013年から仮想通貨取引所としての事業を開始し、中国に加え、シンガポール、日本、香港でも取引所を運営している。日本国内ではHuobi Japanとして仮想通貨交換業ライセンスを19年1月に取得。20年6月には、Huobiグループの独自仮想通貨「Huobi Token(フォビトークン)」の取扱いが国内で開始されている。参考:Huobiグループの独自仮想通貨「Huobiトークン」が日本初上場Bithumbは2014年に創業された韓国の仮想通取引所で、国内では最大規模となっている。インドやタイなどでも仮想通貨取引所を運営している。買収検討

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました