「目を覚まして コーヒーの香りを」DeFiなど仮想通貨規制で方向転換訴える=V20パネリスト

リップル
 規制当局は仮想通貨規制に対する考え方を変えなければならない。パリで開催されたV20のパネルディスカッションで、XRegコンサルティングのシアン・ジョーンズ氏は、金融活動作業部会(FATF)に対して「仮想通貨を使ったマネーロンダリングやテロ資金供与のリスクに対処するため、完全に新しいアプローチを見出さなければならない」と話した。ジョーンズ氏は、FATF主導で仮想通貨業界で導入が進められるトラベルルールについて、SWIFTが世界的に普及し始めた時代にできたルールであり、必ずしも今の時代に合っていないと主張。SWIFTの創業メンバーは15カ国にわたる239の銀行であり既に確立され成熟した業界だったが、FATFがVASP(仮想資産サービス提供者)と定義する実体ははるかに若い産業であると指摘した。このためトラベルルールの仮想通貨業界によるすみやかな実施を期待することは「私の理解を超えている」と述べた。DeFi規制にも懸念またジョーンズ氏は、DeFi(分散型金融)など新たな仮想通貨サービスに対する規制の難しさにも言及。ビットコインやイーサリアムなど「分散型」という仮想通貨の原点に回帰するようなプ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました