米モルガン・クリーク、ビットコインファンド設立を米規制当局に申請

リップル
 モルガン・クリーク・キャピタルマネジメントとエキソス・フィナンシャル(Exos Financial)は、米証券取引委員会(SEC)に新しいビットコイン(BTC)ファンドを申請した。これが承認された場合、ファンドは機関投資家に主要な仮想通貨をボラティリティを気にせずにロングする方法を提供することになる。ケヴィン・ルーク氏は20日、モルガン・クリーク・エキソス・リスクマネジメント・ビットコインファンドが米国の規制当局に提出されたと報告している。ファンドは、定量的なシグナルがネガティブになったときに割り当てを減らすためのメカニズムを備え、ビットコインへのダイレクトなエクスポージャーを提供する予定だ。ルーク氏が報告しているように、このファンドは「ビットコインの取引、譲渡、保管に関する技術的な詳細を処理する」ことになる。エキソスはマーケティング資料の中で、ビットコインの混乱と高度な技術的特性に慣れていない機関投資家のため、市場のボラティリティを平準化する必要があると述べている。エキソスは、「ファンドは、指標がポジティブの場合はビットコインに資本を完全に割り当て、指標がネガティブになった場合には

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました