感謝祭クラッシュも仮想通貨ビットコインに強気な理由、ブルームバーグが掲載

リップル
 仮想通貨ビットコイン(BTC)は、2017年の強気相場とは比べ物にならないほど良い地合で推移している。ビットコインに懐疑的なブルームバーグが今回の強気相場の要因5つをまとめた記事を掲載した。ブルームバーグは、過去最高のビットコイン先物の建玉、資金がゼロでないウォレットの数、ハッシュレート、そしてビットコインと他のマクロ資産の相関関係の欠如を2017年との違いとして指摘。また「ウォール街による世界最高のデジタル通貨受け入れの広まり」にも言及した。またクオンタムエコノミックス創業者のマティ・グリーンスパン氏などを「仮想通貨ダイハード」と紹介し、「3150億ドルの時価総額を持つビットコインは2017年のブームの時よりはるかに深くてはるかに流動的だ」というコメントを掲載した。グルーンスパン氏は以下のように続けた。「前回ビットコインがこれほどの高値をつけた時は、ブロックチェーンは崩壊間近だったが、今回はネットワークが大きく改善した」(出典:Bloomberg「ビットコイン先物の建玉」)かつてはビットコイン に懐疑的だった大手メディアにも変化が見られており、確かにビットコインが本物の資

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました